卓球スポ少コーチのブログ

卓球スポーツ少年団で小学生に卓球を教えています。実力は、中学校の時に県大会一歩前(地区大会どまり)程度なので、初中級レベルしかありません(^^;参考程度にご覧ください。

シートが柔らかいラバー

昨年、ラクザXなどを使いこなせなかったのは、自分のスイングスピードが遅いからだと思いました。自分のような初中級者レベルには、シートが柔らかいラバーが合ってそうです。

⚪︎シートが柔らかいラバーのメリット

・弾みやすい!弱い力でもボールがシートに食い込み、トランポリンのように反発するので、軽く打った時にも弾む。

・コントロール&回転UP!食い込むとシートがボールをつかむような状態になるため、狙ったところへコントロールしやすい。また、ボールに接する面積が増すので回転をかけやすい。

・比較的軽い!ボールに当たるシートの板状の部分が薄かったり、粒間隔が広かったりするので、その分軽くなる。

 ×シートの柔らかいラバーのデメリット

・軽打で弾むのでツッツキが浮きやすい。

・スポンジも柔らかいと、スイングを速くしても力が吸収されてしまうので、一発で撃ち抜くようなスピードは出しにくい。

・柔らかくて引っかかるラバーだと回転の影響を受けやすい。回転をかけやすいことの裏返しですね。

 

シートが柔らかく扱いやすいラバーとしては以下のものが良いと思います。スポンジ硬度はドイツ硬度をベースにしますので、日本製のTSPならプラス5、バタフライはプラス10しています。【重さは、一般的な157×150のシェークに貼った場合です。】

1.そこそこ回転かかる

・ヴェガヨーロッパ(スポンジ硬度42.5。初めてのテンションラバーにどうぞ。ミート打ちメインならこちら、ドライブ重視ならDFバージョンがおすすめです。)

・レガリスレッド(スポンジ硬度45。軽い!【厚さ厚でカット前53g、カット後38g】弾み過ぎずバランスがいいと思います。逆に言うとドイツ製のように弾みません。2016.3発売)

・ラウンデル(スポンジ硬度45。レガリスレッドほどではないですが軽量。【厚さ厚で42g】)

・ヴェガアジア(スポンジ硬度47.5。ヴェガヨーロッパよりスポンジが硬くスピードが出ます。こちらもドライブ重視ならDFが良いです。【厚さ1.8で41g】)

2.回転かかる

・ヴェガヨーロッパDF(スポンジ硬度37.5。【厚さ2.0で42g】)

・ラクザ7ソフト(スポンジ硬度40。【厚さ中厚で40g】)

・ヴェガアジアDF(スポンジ硬度42.5。ラクザ7ソフトよりちょい弾んでちょい引っかかるらしいです。)

・ヴェンタスシリーズ(スピードはスポンジ硬度45。【ヴェンタススピードは厚さ2.0で45g】)

・ラクザ7(スポンジ硬度47.5。スポンジが硬め。)

 

柔らかシートのラバーより、弾きの威力、ツッツキなどのキレを求めたいなら、シートが硬めの以下のラバーでしょうか。

・オメガ5ツアーDF(スポンジ硬度47.5。意外とシートが食い込むそうです。対下回転ドライブに強み。ただし、シートに食い込む分、スピードは出しにくそうです。)

・オメガ5ヨーロ(スポンジ硬度45。弾道は高めの弧線のようです。シートが硬めなので、上回転のラリーに強い。)

・ファスタークC1(スポンジ硬度45。シートはG1と同じですが、スポンジが少し柔らかいので扱いやすいそうです。オメガさんたちより軽そうなところがいいですね。)

 

シートが硬くて有名どころといえば次の3つです。みなさんスポンジ硬度は47.5。

V15エキストラ、ファスタークG1、ラクザX

ラクザXのシートはかなり硬そうですね。同じシートのラクザXソフトは、スポンジが柔らかい42.5度にもかかわらず、45度くらいに感じるそうです。

 

《ちょっと豆知識》

「やわらかいラバー」を変換する際に、ふと「柔らかい」なのか「軟らかい」なのかわからなくなりました。「硬軟」というからには「軟らかい」、のような気もしますが、いつも「柔らかい」を使っていました。

こういう時、ネットは便利ですねぇ。違いは、「力を加えて変形した後、形が元に戻るか戻らないか」だそうです。元に戻るのが「柔らかい」で、戻らないのが「軟らかい」になります。ということで、ラバーは「柔らかい」で良さそうです!

SK7クラシックとSKカーボン

・SK7クラシック(以下SK7)

バタフライのラケットSK7が復活するそうです。
卓球からは何十年も遠ざかっていたので詳細はわかりませんが,名作ラケットだったようですね。
卓球王国2017年4月号を読むと,インナー系から木材7枚に移行している選手が増えているそうです。
SK7はこの流れにうまく乗っかりそうな気配があります。

ここ数年,TSPのスワットが木材7枚のみならず,シェークラケットのトップに君臨してきましたが,SK7は以下の2点でスワットを上回りそうです。
・デザイン
・日本製
価格差はおそらく1500円程度(実売価格でSK7=5600円,スワット=4000円)なので,これくらいの差ならSK7のほうが魅力的に感じますね。

ただし,SK7のほうが弾んで人によっては扱いづらいかもしれないので,男子にはSK7,総合的にはスワットといったところでしょうか。

 

・SKカーボン

SK7,使ってみたいのですが,自分にとっても弾み過ぎ・重過ぎになりそうなので,デザインがより魅力的で軽量なSKカーボンを狙っています。

SKカーボンは板厚が5.2ミリしかなく3枚合板なのですが,ぶっ飛びのガレイディアシリーズも3枚合板構成でした。
ちなみに最速のガレイディアT5000は中心が桐で,TAMCA5000というカーボンをかませて,上板が檜のようです。
TAMCA5000という素材は知らなかったのですが,アリレートに比べ硬く,スピードを増すための素材みたいです。

SKカーボンはガレイディア同様に,TAMCA5000が外側に配置されています。いわゆるアウター系ですね。軽打時にはTAMCA5000で弾ませ,強打時にはしなって回転がかかるってことなんでしょうか。

 

とりあえず,木材から特殊素材へ移行する人向けの商品らしいので,軽サは強サ!ってなんかにもありましたし,SKカーボン買います。

 

 (追記)

→SKカーボンのレビューはこちら。

http://tabletennis.hateblo.jp/entry/2017/04/22/185024

→SK7クラシックのレビューはこちら。

http://tabletennis.hateblo.jp/entry/2017/07/16/220123

少年団のコーチが使うラケット

卓球スポーツ少年団では、初心者に球出しをしたり打ち合ったりするので、クセのない普通の用具がいいのではと思います。

というか、自分が初中級者レベルなので高い用具を買っても使いこなせません(^^;)

ですので、ラケットは「ミッドファースト、ファースト」、ラバーは「普通のテンション裏ソフトラバー」を選んでます。

最近、上手な子にやられてしまうので、粘着にして無駄な抵抗をしたい欲求にかられますが、我慢しますw

 

《卓球再開から今までのラケット変遷》

①TSPのスワット5PW

何十年かぶりに卓球を再開し何がよいかわからなかったので、単にその時の卓球王国の売上ランキングで決めてしまいました。

もともと用具に無関心でしたので、まぁこんなもんかという感じ。激しなり?わかりません。

 

②TSPのスワット

ネットのレビューなどで、スワット5PWはあまり飛ばないことを知ったので、ノーマルのスワットへ。確かに飛ぶようになりました。扱いやすい?よくわかりません。

 

③バタフライのコルベル

スワットのデザインに不満が出てきたので、コルベルへ。

おぉ、飛ばない…。これが球持ちがいいということなのか。感覚がなさすぎてよくわかりません。スピードが減った分、回転がかかるといいのですが。

コルベルはちょっと重い気もするので、シンプルデザインがそそる激軽のSKカーボンを心待ちにしてます。

初級者の裏ソフトラバー(初めてのテンションラバー)

フォアハンド、バックハンド、ツッツキのラリーができるようになってきたら、テンションラバーに挑戦してみても良いでしょう。初めは、厚さは1.8または中にします。

テンションラバーを使い始めて半年から一年経って、より威力を求めるのであれば2.0または厚にします。ただし、弾むようになる分、ツッツキなどはやりづらくなるので注意を。

価格は①〜③いずれも3,000円程度です。

 

①エクシオンのヴェガヨーロッパ、ヴェガアジア

シートが柔らかいので扱いやすいです。女子や低学年はヴェガヨーロッパ、中学年以上の男子はスポンジが少し硬めでスピードの出るヴェガアジアがよいでしょう。

 

②TSPのレガリスレッド

ヴェガヨーロッパより軽く、スピードが出ます。回転も同じくらいかかると思います。テンションラバーではおそらく最軽量なので、重量に悩む子羊の救世主ラバーです。

(参考重量)スワットに厚さ厚で40g

 

③エクシオンのヴェガヨーロッパDF、アジアDF

①のプラスチックボール対応バージョンで、スポンジが柔らかくなって、食い込みやすく回転がかかるようになっているようです。

ミート打ちを重視ならノーマルバージョン、ドライブ重視ならDFですね。

(参考重量)ヨーロッパDFは厚さ1.8で40g、アジアDFは厚さ1.8で44g

 

アンドロのプラクソン350、プラクソン400も使ってみたのですが、直線的に弾みすぎる気がします。そのため、サービスが切れなかったり、ツッツキが浮きやすかったりしました。

ニッタクのフライアットソフトは軽くて弾むのでバックに良いのですが、少し回転が物足りなかったです。

バタフライのラウンデルは少し値が張りますが、スピード・回転ともに良いです。

裏ソフトラバー2016年

2016年に自分が使ってみたラバーです。あれこれ試し過ぎでしたね…。

合わせたラケットは定番のスワットです。

 

《フォアラバー》

・ラクザXソフト中厚。柔らか目で回転がかけやすく、スピードは振った分だけ速くなります(ヤサカのカタログを見ると分かりやすいです。)
・ラクザX中厚。調子に乗って手を出してみましたが、硬くて使いこなせませんでした。今頃気づきましたが、もっと厚めのスポンジのものであれば、硬く感じなかったかもしれませんね。
・ラザントグリップ1.7。柔らか目で使いやすいです。これで、しばらく頑張ろうと思った矢先に、アンドロさんからラザント終了のお知らせが…。次のバージョンのラザンターは税抜6,200円との噂なので(ToT)、たぶん使わないでしょう。

てことで、ラザントで頑張ろうと思いましたが、ヴェンタススピードあたりに移行を検討します。

 

 《バックラバー》

・フライアットソフト中。回転はかかりませんが、高弾性ラバーよりちょい弾むので、高弾性からテンションに移行する前に、初心者が使うのはありだと思いました。高弾性以上に軽いです。

・プラクソン400 1.8。こちらもあまり回転はかかりませんが、テンションらしくスピードが出ます。ツッツキがやや浮きやすい気がしました。

・ラウンデル中。少し値段が高いですが、回転、スピードともに良くバランスがいいと思いました。

・ヴェガアジアDF1.8。こちらもシートが柔らか目で、回転、スピードともに良かったです。

てことで、ラウンデル、ヴェガアジアDFが回転・スピード共に良いと思いました。

 

t-rexレビュー

小学生が使用するラバーを悩んでいました。

現在は木材5枚のラケットに、フォアにラウンデル中、バックにカールp3薄を貼っています。

 

フォアのドライブは実戦では使えないレベルなので、いっそのことツッツキ主体にしようかと思い、スピードはそこそこで回転重視のラバーを探しました。

候補にあがったのは、バタフライの①タキファイアドライブ、②スピンアート、ニッタクの③レブスピン、TSPの④t-rex、エクシオンの⑤ヴェガチャイナでした。

①タキファイアは弾みが弱過ぎそう、②スピンアートは硬すぎて初級者には扱えなそう、③レブスピンも弾みが弱過ぎそう、⑤ヴェガチャイナはカタログを見るとコントロールに不安、ということで、t-rex購入に踏み切りました。弾まなそうなので、特厚を購入。

 

貼って見ると…。予想以上に弾みませんでした。重さは46グラムでした。

ラウンデルはテンションラバーだから仕方ないのですが、ラウンデル中とt-rex特厚にこんなにも差があるとは。

回転はラウンデルと同じくらいでしょうか。逆に言うと、スピード系テンションのはずなのに、ラウンデルの回転性能はなかなか優秀ですね。

 

てことでt-rexは見送り、も少しラウンデルで頑張ることにします。

t-rexはぶっ飛ぶカーボンラケットあたりだと相性がいいかもしれませんね。

 

それから、粘着だからか触ったところが汚くなってしまい、粘着が減ること覚悟で普通のクリーナーを使用しても全く取れませんでした。

これは粘着特有のものなのでしょうか。

 

広告を非表示にする

(2-②)フォアツッツキ

フォアのツッツキを苦手にしている子は多いです。
おそらく,普通のフォア打ちの延長で,振ってしまうからだと思います。
特に,①バックスイングを取りすぎてしまう。
②横方向に振ってしまう。ということが原因でうまくいっていないことが多いです。


①については,ひじをたたんで,バックのツッツキと同じラインからスタートします。
小さい前ならえ状態から,開いたような感じです。


②については,バックツッツキと同じように,まっすぐ前に押し出してもらいたいのですが,なかなか直せない人が多いです。
そこで,卓球王国2017年2月号にあった『バック側に立ってストレートに打つ』練習がオススメです。
横方向に振ってしまうと,台から外れてしまうので,自然と前に押すようなスイングになります。

あとは数をこなせばだんだん良くなっていくと思います。