卓球スポ少コーチのブログ

卓球スポーツ少年団で小学生に卓球を教えています。実力は、中学校の時に県大会一歩前(地区大会どまり)程度なので、初中級レベルしかありません(^^;参考程度にご覧ください。

初心者のラケット(小学生)

小学生で卓球を始める場合、ラケット選びは重量・弾みがポイントだと思います。初めは【軽くて弾みすぎないラケット】がいいでしょう。また、グリップの形は握りやすい「フレア」が良いと思います。
・重量
特に低学年の小学生ですと力がないので、ラケットが重いと手首などを痛めてしまいます。
ラケットのラバー込みの総重量は、女子で155〜170g、男子で160〜175gが良いと思います。
ラバーが裏ソフトの場合、片面だけで40g前後、両面で80g以上になることを踏まえると、ラケットは70g〜80gのものを選ぶとよいでしょう。
※中学年以上の男子でしたら85gくらいまで大丈夫でしょう。
・弾み
初心者のラケット選びでは弾みも重要です。弾みすぎない「ミッド、ミッドファースト」あたりが良いと思います。弾みすぎると、コントロールがしづらかったり、ボールに当てるだけでラケットを振って打つことができなくなったりしてしまいます。

《おすすめ》
1.低学年や女子向け
・TSPのスワット5PW(弾みはミッド。グリップがノーマルスワットより小さめで、小さい子でも握りやすいのもポイントです。たまに重いものもあるので、購入するお店には77から80gくらいのものを重量指定するとよいです。卓球王国情報では2016年度のバンビ王者も使用。
発売時は板厚5.3ミリだったのに、マイナーチェンジで5.6ミリに(^^;;「しなり過ぎ」とのレビューがあったので改善されていそうですね。卓球王国のゆうさんによると、スティガのオフェンシブCRに似てるそうです。)


・バタフライのメイスパフォーマンス(ミッドファースト。77から80gくらいの重量指定をしましょう。板厚があるのでミート打ち重視の場合、オススメです。)

2.中学年以上の男子向け
・TSPのスワット(ファースト、とのカタログ表記ですけどそんなに飛びすぎないので初心者もいけます。重いものもあるので、購入するお店には82から85gのものを重量指定しましょう。カットマンキラーの軽部選手など上級者の使用実績多数。)

《スティガのオールラウンドエボリューションは見た目が素晴らしく、平野美宇ちゃんも使ってたのでおすすめしたいのですが、90gくらいの重い個体があるので気をつけましょう。また、スティガらしく上板がはがれやすいとのレビューも見かけるので、ラケットコートなどを塗るのが必須のようです。値上がりもしてますし、初心者向けではないかもしれませんね。
バタフライのコルベルもロングセラー商品として人気なのですが、平均92gと重く、ブレードも標準のシェークより一回り大きい158×152㎜(標準サイズは157×150㎜)なのでラバーの重量も重くなってしまいます。両面に裏ソフトを貼る場合はオススメできません。片面に表ソフトや粒高などの軽いラバーを貼る予定なら良いかもしれません。)