卓球スポ少コーチのブログ

卓球スポーツ少年団で小学生に卓球を教えています。実力は、中学校の時に県大会一歩前(地区大会どまり)程度なので、初中級レベルしかありません(^^;参考程度にご覧ください。

シートが柔らかいラバー

昨年、ラクザXなどを使いこなせなかったのは、自分のスイングスピードが遅いからだと思いました。自分のような初中級者レベルには、シートが柔らかいラバーが合ってそうです。

⚪︎シートが柔らかいラバーのメリット

・弾みやすい!弱い力でもボールがシートに食い込み、トランポリンのように反発するので、軽く打った時にも弾む。

・コントロール&回転UP!食い込むとシートがボールをつかむような状態になるため、狙ったところへコントロールしやすい。また、ボールに接する面積が増すので回転をかけやすい。

・比較的軽い!ボールに当たるシートの板状の部分が薄かったり、粒間隔が広かったりするので、その分軽くなる。

 ×シートの柔らかいラバーのデメリット

・軽打で弾むのでツッツキが浮きやすい。

・スポンジも柔らかいと、スイングを速くしても力が吸収されてしまうので、一発で撃ち抜くようなスピードは出しにくい。

・柔らかくて引っかかるラバーだと回転の影響を受けやすい。回転をかけやすいことの裏返しですね。

 

シートが柔らかく扱いやすいラバーとしては以下のものが良いと思います。スポンジ硬度はドイツ硬度をベースにしますので、日本製のTSPならプラス5、バタフライはプラス10しています。【重さは、一般的な157×150のシェークに貼った場合です。】

1.そこそこ回転かかる

・ヴェガヨーロッパ(スポンジ硬度42.5。初めてのテンションラバーにどうぞ。ミート打ちメインならこちら、ドライブ重視ならDFバージョンがおすすめです。)

・レガリスレッド(スポンジ硬度45。軽い!【厚さ厚でカット前53g、カット後38g】弾み過ぎずバランスがいいと思います。逆に言うとドイツ製のように弾みません。2016.3発売)

・ラウンデル(スポンジ硬度45。レガリスレッドほどではないですが軽量。【厚さ厚で42g】)

・ヴェガアジア(スポンジ硬度47.5。ヴェガヨーロッパよりスポンジが硬くスピードが出ます。こちらもドライブ重視ならDFが良いです。【厚さ1.8で41g】)

2.回転かかる

・ヴェガヨーロッパDF(スポンジ硬度37.5。【厚さ2.0で42g】)

・ラクザ7ソフト(スポンジ硬度40。【厚さ中厚で40g】)

・ヴェガアジアDF(スポンジ硬度42.5。ラクザ7ソフトよりちょい弾んでちょい引っかかるらしいです。)

・ヴェンタスシリーズ(スピードはスポンジ硬度45。【ヴェンタススピードは厚さ2.0で45g】)

・ラクザ7(スポンジ硬度47.5。スポンジが硬め。)

 

柔らかシートのラバーより、弾きの威力、ツッツキなどのキレを求めたいなら、シートが硬めの以下のラバーでしょうか。

・オメガ5ツアーDF(スポンジ硬度47.5。意外とシートが食い込むそうです。対下回転ドライブに強み。ただし、シートに食い込む分、スピードは出しにくそうです。)

・オメガ5ヨーロ(スポンジ硬度45。弾道は高めの弧線のようです。シートが硬めなので、上回転のラリーに強い。)

・ファスタークC1(スポンジ硬度45。シートはG1と同じですが、スポンジが少し柔らかいので扱いやすいそうです。オメガさんたちより軽そうなところがいいですね。)

 

シートが硬くて有名どころといえば次の3つです。みなさんスポンジ硬度は47.5。

V15エキストラ、ファスタークG1、ラクザX

ラクザXのシートはかなり硬そうですね。同じシートのラクザXソフトは、スポンジが柔らかい42.5度にもかかわらず、45度くらいに感じるそうです。

 

《ちょっと豆知識》

「やわらかいラバー」を変換する際に、ふと「柔らかい」なのか「軟らかい」なのかわからなくなりました。「硬軟」というからには「軟らかい」、のような気もしますが、いつも「柔らかい」を使っていました。

こういう時、ネットは便利ですねぇ。違いは、「力を加えて変形した後、形が元に戻るか戻らないか」だそうです。元に戻るのが「柔らかい」で、戻らないのが「軟らかい」になります。ということで、ラバーは「柔らかい」で良さそうです!