卓球スポ少コーチのブログ

卓球スポーツ少年団で小学生に卓球を教えています。実力は、中学校の時に県大会一歩前(地区大会どまり)程度なので、初中級レベルしかありません(^^;参考程度にご覧ください。

SKカーボンのレビュー

バタフライのSKカーボン届きました!

色使いがシックで日本製だからか高級感があります。

早速打ってみると…。

軽めの基礎打ちでは、コルベルよりSKカーボンのほうがほんの少し弾まなそうな印象です。カタログ値のまんまですね。

強めのスイングでのドライブは、薄くてしなるためか、コルベルより球持ちが良い感じです。

ツッツキでは、外寄りにあるカーボンが弾くので、力を抜いて打つ必要がありました。できるだけ薄く擦るように打てば問題ありません。

ブロックは板厚が薄いので、ドライブを受けると押される感じがしました。

 

SKカーボンは、アウターカーボンのラケットなので、インナーとは異なりカーボンの弾みが出やすい仕様になっています。軽打でも飛ばしやすいのですが、逆に台上プレーでの扱いづらさがありそうです。

この弱点を解消するには、軽打時に弾みにくいラバーを選ぶのが良さそうですね。シートの硬いラバー、ラクザ系の力に比例して飛ぶラバーが選択肢として挙げられます。シートが硬いと回転がかけづらいので、シートが柔らかく回転のかけやすいラクザ7がオススメです。厚さは特厚にすると、カーボンの弾みを緩和できると思います。SKカーボンに合わせるラバーはラクザ7でいきます。

 

それにしても、SKカーボンのこの軽さは、両面裏ソフトを使用する人にはすごく魅力的ですね。重めのラクザ7特厚を貼っても180g前後に収まります。ただし、表ソフトなどを貼る人には軽くなりすぎるので、SK7クラシックのほうがよいですね。