卓球メモ

卓球は中学校でしか経験がなく初級レベルしかありません(^^;参考程度にご覧ください。

バック表の快速ハーフボレーの打ち方【卓球知恵袋】

バック表は、【面を卓球台に対して垂直】にします。裏ソフトのように下を向くと滑ってしまいます。

バックスイングでは、【ラケットヘッド(先端)が横、時計で言えば9時】にセットします。ラケットヘッドが狙ったところを向くように振ります。

スイング終了時に【ラケットヘッドが真上を向く、時計で言えば12時】にあると良いと思います。

 

リリチャンネルによると、振り終わった時に、「ラケットはひじより上になるようにする」のも重要らしいです。


バック表の快速ハーフボレーの打ち方【卓球知恵袋】 - YouTube

初心者のラバー2

去年から今年にかけて、初心者向けの良いラバーが出てきたようです。

これまでは、フォアはマークV、ヴェガイントロ、バックはライズがおすすめだったのですが、次のラバーが最初のラバーによりおすすめです。いずれも高弾性ラバーとテンションラバーの中間的なものになっています。

 

フォア=ライガン中厚、ヴェガイントロ1.8

バック=GTT40、GTT45

 

組み合わせとしては、低学年または女子は「ライガンとGTT40」、男子は「ヴェガイントロとGTT45」がいいと思います。

ヴェガイントロは1.5ですとやや硬さを感じ、押すツッツキが少しやりづらく、角度を間違えると擦れずに当たって浮いてしまいがちなので、1.8が最初はおすすめです。

 

参考 重量 ライガンは厚で41g

ロゼナのメモ

・サーブ ○

・レシーブ ○回転の影響を受けにくい。

・台上 △力加減を誤るとスプリングスポンジのため浮きやすい

・ドライブ ◎食い込ますドライブがやりやすい

・スマッシュ △トレランスで吸収されてしまうのかスピードの上限が低い

 

ドライブ向きラバー。

台上を考えると厚さは「厚」が扱いやすそうです。

弾みを補うためにラケットは「7枚合板」がよいかと思います。

ミートがやややりにくそうなので、「バック」向きでしょうが、スマッシュを多用しないならフォアでも使えます。

弧線の高いラバー

弧線の高いラバー

フラットに当てた時に上に上がるラバー、ということでよいのでしょうか。

前陣で打つ場合は、面をかぶせて後ろから前に打たないとオーバーしてしまいます。

ドライブを打つ時も、あまり上方向に振ってしまうとオーバーします。

基本的に面をかぶせるので、自然にボールの斜め上を捉えることになるので、上回転がかかります。ドライブ向きだと思います。

 (例)ライガン、ヴェガジャパン、ラクザ7、ラクザX、オメガ5ツアーDF、ゴールデンタンゴ

 

逆に、弧線が低いラバーは、前陣で打つ場合、フラット(台に対して垂直)に当てる、つまりはミート打ちか、被せて斜め後ろから斜め前にドライブを打つと安定します。

(例) gtt45、ヴェガヨーロッパ、ヴェガアジア、ファスタークS1、ラウンデル

 

ほどほどの弧線のラバー

(例)ヴェガイントロ、ヴェンタススピード、ロゼナ、ファスタークG1

他人と比較しない

「隣のA君を見なさい! あんなにいい子にしているでしょ! それに比べてあんたはなんてお行儀が悪いの!」

「妹のBちゃんはあんなにおとなしくしているでしょ! あんたはお兄ちゃんなのにお行儀が悪い。Bちゃんを見習いなさい!」

 私たち親は子供に何かを教える際に、周囲の子供やきょうだいを例に取り、比較をしがちです。それにより、見本を示すと共に、間違いに気づかせ、懲らしめる効果を狙うのです。

 しかし、これがうまくいくことはありません。比較されることにより、子供は自信を失い傷つきます。そして劣等感を肥大化させ、間違った方向で劣等感を補償しようと試みます。多くの場合、それは問題行動となります。つまり、親が子供を比較することにより、問題行動がなくなるのではなく、むしろ問題行動を増やしてしまうことになるのです。そして、この問題は親子間に限ることではありません。先輩と後輩、上司と部下の間においても同じことが起きます。その場合も周囲の人と比較すべきではないのです。

 もし正しい例を示したいのであれば、本人の中にある、ほんのわずかでもできていることを見つけ、それに気づかせることが大切です。たとえわずかであったとしても、できていることを示し、それを認め、さらに増やすよう要望するのです。比較をするのなら、過去の相手と現在の相手を比較することです。相手の「自己ベスト更新」をほめるのです。

自発的に動く

ダイヤモンドオンラインより。

http://diamond.jp/articles/-/150674?display=b

自発的に動かないからと、あれこれ指示を出しすぎるのはよくありません。

褒めることもよいことですが、それ以上に「ありがとう、助かったよ」と感謝を伝えることが大事だそうです。

【FW】xiaさんの多球練習

WRMのガネさんをxiaさんが鍛える動画が、フットワークなどの強化に良さそうなので、引用させていただきます。

http://chie.diary.to/archives/52541963.html

1回り込んでフォアドライブ

フォア側から動き始め、バックに来たツッツキをフォアドライブします。決定力の向上に繋がります。

 

2フォア半面での強打の連打

細かいフットワークが速くなり、戻りのスピードも強化されます。

 

3全面ゆるいボールをフォア強打

大きなフットワークの強化になります。

 

4フォア前ツッツキ→回り込みフォアドライブ

 よく狙われるフォア前をケアするので実戦的です。