卓球スポ少コーチのブログ

卓球スポーツ少年団で小学生に卓球を教えています。実力は、中学校の時に県大会一歩前(地区大会どまり)程度なので、初中級レベルしかありません(^^;参考程度にご覧ください。

身体能力が低くても連打する方法

いつもお世話になっている卓球知恵袋さんです。

打球時にフラついて連打が安定しない初心者には、体重移動よりも、①スタンスを広くとる、②体の軸を意識する、と良いそうです。

軸の意識は初心者の小学生には難しそうですが、足幅を広げてスタンスを広くすることは、分かりやすくて良さそうです。

やっすんさん、ありがとうございます(^^)

http://chie.diary.to/archives/52317908.html?jprank=4&cat=525

粒高ラバーを試す

「運動能力に自信がなくても初心者の頃は勝ちやすい」という情報を見て粒高ラバーに挑戦してみました。

ラバーは、粒高初心者に推奨されていたTSPのカールP3の中です。

 

・粒高ラバーのメリット・デメリット

私自身、初めて粒高ラバーを打ったのですが、すごく面白いですね。粒高で打つと回転が逆になる、と聞いてはいたのですが、粒高を使用するまでは意味が分かっていませんでした。

例えば、相手がドライブを打ってきた時に、下にラケットを動かしながらブロックすると、同じ回転のまま相手に返球できます。相手がドライブを打った時点では相手にとっては上回転ですが、こちらにとっては下回転です。それを粒で滑らせてそのままの回転で相手コートに返すので、こちらにとって下回転のボールが相手に行くことになります。相手側からすると、上回転で打ったのが、逆に下回転で戻ってくるようになるわけです。

このように、【粒高ラバーの強み】は相手のボールの回転を残したまま、相手に打ち返せることにあります。ボールが普段見慣れない動きをするので、相手にとってやりづらいです。

【粒高ラバーの弱み】はその裏返しで、相手の回転を逆にして打ち返すのが難しいです。粒が倒れて滑ってしまい自分から回転を作り出すのが苦手なので、ナックルが弱点というのもうなずけます。

 

・粒高を使用するなら

自分が試したあとに、たまに教えているあまり動けない子に打ってもらったのですが、結論から言うとイマイチでした…。自分自身が粒高初心者である上、その子が裏ソフトでしばらくプレーしてからの変更だったからか、バックのプッシュがうまく身につきませんでした。結局、本人の意向も確認して、裏ソフトへ戻すことにしました。

粒高は、感覚をつかむのが小さい子には難しそうなので、表ソフトでスタートした子や、中学生が初めから使う、というのが良いのかなと思いました。

と、粒高があまり良くなさそうな記事になってしまっていますが、粒高で打ったボールは相手を混乱させることがあったので、使いこなせれば大きな武器になると思います。またいつかチャレンジします!

広告を非表示にする

マントラM購入

・ウリは価格と弾きの良さ
マントラは、スティガから2017年7月に発売された新作ラバーです。定価は税抜き4200円と、大人気のヴェガシリーズと真っ向勝負の価格となっています。
2017年発売の同価格帯のラバーを見ると、ニッタクのファクティブがヴェガアジアなどと似てシートがやや薄く柔らか目なのに対し、ヤサカのヴァルモはシートがやや厚めでしっかりした打球感になっているようです。マントラは、シートの粒がヴァルモよりわずかに低くなっているので、よりシートにボールが食い込みにくくなっています。
ボールがセルロイド製からプラスチック製になってスピード・回転が落ちたため、それを補うようにスピン系テンションラバーが主流となっていますが、マントラはシートを硬くしてボールを飛ばしやすくしたようです。
実売3000円強でシートが硬めというと、ヨーラのリズム系とヴェガプロくらいしか思いつかないので、ミート打ちを重視するユーザーにマッチするかもしれませんね。

マントラMを選んだ理由
今年に入ってからはシートが柔らか目のラバーを使用していたのですが、いつも参考にしているワイハさんのブログの影響もあり、久々に硬めラバーに挑戦してみることにしました。シートが硬いとボールが食い込みにくくなるので、ミート打ちでスピードを出したり、ツッツキで回転をかけたりしやすそうだったからです。
《超参考になるワイハさんのブログはこちら!》
http://blog.livedoor.jp/waiiha8423/archives/24120986.html
バックには柔らか目を使用したいので、マントラを使用するのはフォア面です。硬度は最初はSにしようかと思ったのですが、柔らか過ぎでツッツキが浮きそうなので、スポンジ硬度が45度程度であろうMにすることにしました。

 

マントラのデータ】
・硬度
特厚でのラバー全体の硬度は45でした。思ったほど硬くありませんでした。シートが柔らかめの製品だったのかもしれませんね。
・重量 157×150サイズのラケットの場合
マントラM特厚 カット前67g→カット後46g

マントラMの重さは日本製の割に重いですが、ドイツ製に比べればまだ軽そうです。

f:id:goran8:20170901210150j:image

写真下のマントラの粒間隔、上のファスタークG1と同じですね。

【特厚の使用感】木材7枚ラケットで使用

・基礎打ち・スマッシュ  柔らかいラバーに比べ球離れが早く、スピードもなかなかです。スポンジがミディアム硬度で特厚ですとシートの硬さを感じませんね。日本製スポンジだからか、軽く当てるだけだとあまりスピードは出ず、マニュアル感があります。強打すればそれなりに速いです。

・回転のかけやすや  シートに食い込みにくいので、表面で擦れば回転がかかります。前述のように勝手に弾まないので、ツッツキで切りやすいです。ドライブは、擦り打つ、または、木材など弾みが抑えられたラケットに強く当てて食い込ませて打つ、と回転がかかりそうです。

広告を非表示にする

丹羽、張本に敗れる

中国オープンでいろいろ衝撃的な出来事がありました。地元中国選手のボイコットもびっくりしましたが、張本君が、世界選手権での水谷選手に続いて、丹羽選手をストレートで破ったことに驚きました。

https://m.youtube.com/watch?v=neneYJkcP4g

※動画をご覧になりたい場合はURLをブラウザへコピペしてください(^^;

 

フォアドライブは丹羽君のカウンターにやられる恐れがあるので、得意のバックハンド、ツッツキ中心で攻めたのが功を奏したのでしょうか。

もう、中国選手以外なら、誰を倒しても驚かないくらいのレベルにまで上がってきたようです。

 

ところで、試合とはあんまり関係ありませんが、丹羽君への声援が多くて、中国で丹羽君は人気があるんですね(^^)

シェークのフォア表ソフト

シェークのフォア面を表ソフトにする場合のラバーを検討してみました。
(なお、いきなり裏ソフトから表ソフトを使うのは自信がない場合は、まずは回転重視で裏ソフトに近いスピンピップスレッドを使うと良いでしょう。)
いろいろなレビューを見た結果、ミズノのブースターSAとTSPのスペクトルレッドの2つに絞りました。

回転系のブースターSAを候補の一つとしたのは、用具に詳しいバルサミコさんのレビューを見たところ、横目で滑りづらく総合的に扱いやすそうだったからです。四天王寺の塩見さんも使っていたという実績もあります。
一方のスペクトルレッドは縦目でスピード系なのですが、卓球王国2017年3月号のレビューを見たところ、それほど弾み過ぎず、ブロックやストップがやりやすいとのこと。(ちなみに、スペクトルブルーとの比較では、カタログ値ではスペクトルレッドのほうがスピードが上ですが、威力は硬めのスペクトルブルーのほうがあるそうです。)卓球王国のゆうさんもスペクトルレッドはスペクトルブルーに比べフォア向けと言っていました。

・硬度
ブースターSA 40度
スペクトルレッド 40度(ドイツ硬度だと45度)

・重さ
重さは、スワットのサイズでブースターSAの2.0 は42g、スペクトルレッドの厚は32gと横目で粒の大きいブースターSAのほうがやはり重いです。てかブースターSA、裏ソフト並みの重さなんですが…。
・スピード面
玉突きでは、同程度の飛び方です。こんなはずでは…、と思いつつ基礎打ちをしてみても、軽打・強打とも同じくらいのスピード。TSPのライズ程度の弾みでしょうか。わずかにブースターSAのほうが弾むような気もします。
・回転面
回転は当然横目のブースターSAのほうが切れるよね、と思いつつサーブを打ってみると…、どちらもそこそこ回転がかかって違いがわかりません。
ツッツキ打ちのドライブもあまり変わらなそうです。
スペクトルレッドは縦目ですが、弾みが適度だからか、回転がかけやすいのでしょうか。

・総合
自分の力量では、ほとんど違いがわかりませんでした。ブースターSAのほうがテンション効果が強そうなので、攻撃重視ならブースターSA、攻守のバランス重視ならスペクトルレッドを選ぶのがよいと思いました。

【追記】
塩見さんは、その後、スペクトルブルーの特厚2017.4→ビュートリーの特厚2017.9を使用していますので、ご参考まで(^^)ビュートリーはIEラバーでテンションラバーのように勝手に弾まないので、威力が欲しい場合は弾むラケットに合わせると良いでしょう。

SKカーボンのレビュー

バタフライのSKカーボン届きました!

色使いがシックで日本製だからか高級感があります。

早速打ってみると…。

軽めの基礎打ちでは、コルベルよりSKカーボンのほうがほんの少し弾まなそうな印象です。カタログ値のまんまですね。

強めのスイングでのドライブは、薄くてしなるためか、コルベルより球持ちが良い感じです。

ツッツキでは、外寄りにあるカーボンが弾くので、力を抜いて打つ必要がありました。できるだけ薄く擦るように打てば問題ありません。

ブロックは板厚が薄いので、ドライブを受けると押される感じがしました。

 

SKカーボンは、アウターカーボンのラケットなので、インナーとは異なりカーボンの弾みが出やすい仕様になっています。軽打でも飛ばしやすいのですが、逆に台上プレーでの扱いづらさがありそうです。

この弱点を解消するには、軽打時に弾みにくいラバーを選ぶのが良さそうですね。シートの硬いラバー、ラクザ系の力に比例して飛ぶラバーが選択肢として挙げられます。シートが硬いと回転がかけづらいので、シートが柔らかく回転のかけやすいラクザ7がオススメです。厚さは特厚にすると、カーボンの弾みを緩和できると思います。SKカーボンに合わせるラバーはラクザ7でいきます。

 

それにしても、SKカーボンのこの軽さは、両面裏ソフトを使用する人にはすごく魅力的ですね。重めのラクザ7特厚を貼っても180g前後に収まります。ただし、表ソフトなどを貼る人には軽くなりすぎるので、SK7クラシックのほうがよいですね。

ヴェガシリーズ・オメガシリーズの性能表

エクシオンのヴェガシリーズといえば,性能表が数学のグラフのようなわかりづらいものでした。

が,今年からようやく数値化。比較し易くなりました。

ヴェガイントロ    スピード6.2 回転8.5 コントロール11.5 硬度47.5
ヴェガエリート    スピード6.5 回転8.8 コントロール11.0 硬度40.0
ヴェガヨーロッパDF スピード7.0 回転9.7 コントロール10.5 硬度37.5
ヴェガヨーロッパ   スピード7.0 回転8.8 コントロール10.5 硬度42.5
ヴェガアジアDF   スピード8.7 回転9.7 コントロール7.0 硬度42.5
ヴェガアジア     スピード8.7 回転8.8 コントロール7.0 硬度47.5
ヴェガジャパン    スピード8.7 回転9.7 コントロール8.4 硬度45.0
ヴェガプロ           スピード8.4 回転10.0  コントロール6.5 硬度47.5
ヴェガチャイナ    スピード5.0 回転12.5  コントロール4.8 硬度54.0
ヴェガSPO     スピード5.7 回転7.0 コントロール6.5 硬度42.5
ヴェガLPO     スピード5.2 回転6.5 コントロール6.0 硬度47.5

ヴェガイントロが,少しテンションかかっていると言われるのがわかる数値でした。ただし、スポンジが硬めで重いので、軽さを求めるならヴェガエリートですね。

小学校低学年や女子で,ミート系主体ならノーマルのヴェガヨーロッパが回転の影響を受けづらくてよいんでしょうね。ドライブ主体なら,ヴェガヨーロッパDF。
中学年以上になってきたら,ヴェガアジアかアジアDFへ移行ってとこでしょうか。

表ソフトのヴェガSPOは,卓球王国の記事によると扱いやすいようですね。テンション粒高のヴェガLPOは数値的には,SPOに近いということは,じゃじゃ馬的でないテンション粒なんでしょうかね。非常に気になります。

◆オメガの性能表

オメガVヨーロ     スピード10.8 回転11.3 コントロール7.2 硬度45
オメガVアジア     スピード11.3 回転11.0 コントロール7.0 硬度50
オメガVプロ      スピード10.5 回転11.0 コントロール7.2 硬度47.5
オメガVツアーDF   スピード11.0 回転11.8 コントロール7.2 硬度47.5
プロとアジアがシートが柔らかめ,ツアーとヨーロが硬めのようです。
オメガはヴェガに比べて硬くてスピードが出るようです。全般に50g前後で重そうなので,重量に注意です。
ヨーロは卓球王国2015.9月号のレビューで高評価でしたので,オメガ系に挑戦するのであれば,オメガVヨーロがよいのではないでしょうか。