卓球スポ少コーチのブログ

卓球スポーツ少年団で小学生に卓球を教えています。実力は、中学校の時に県大会一歩前(地区大会どまり)程度なので、初中級レベルしかありません(^^;参考程度にご覧ください。

(2-②)ドライブ②ミートドライブ

ドライブについては、まず「こする」感覚が大切だと思っていました。

それはそうなのですが、初心者の小学生に教えた場合、こする意識が強すぎて次のような問題が発生してしまいました。
・下から上へのスイングが大きすぎる。
・空振りしてしまう。
 
そこで、まずラケットを少しかぶせる。(ラケットのラバーと卓球台が作る角度が45度くらい。)
かぶせると、必然的にボールの上をこするようになります。
このラケット角度のまま、上半身を少しひねってから振ります。
 
あと重要なのは、柔らかいシートのラバーを使うことです。
ラバーに食い込みやすくなるので、上回転がかかります。
 
高弾性ラバーなら『マークファイブ』、テンションラバーなら『ヴェガエリート』、『ヴェガヨーロッパ』、『エクステンド』、『ラウンデル』あたりです。